フロント ガラス の ウロコ 取り。 しつこいフロントガラスの油膜取り おすすめの油膜の落とし方

フロントガラスの水垢・ウロコ取りの方法

フロント ガラス の ウロコ 取り

1章 車のフロント窓ガラスに付着する2種類の汚れ 車のフロント窓ガラスには2種類の汚れが付着します。 1つ目は油膜と言われる油の汚れです。 これは、ワックスや排気ガス等の汚れがガラス面に固着し、洗車では取れない汚れになってしまっている状態です。 この汚れが付着しても簡単に取れるので安心して下さい。 2つ目はウロコと言われるガラス面に付着したイオンデポジット シミ 汚れです。 このシミは油膜に比べ、取り除くのが厄介となります。 2種の汚れの特徴は下記の通りとなります。 この油膜汚れは水に濡れないと出てこないシミ汚れです。 乾いた状態の時はガラス面は綺麗に見えるのですが、水と反応して油膜が浮き上がってきます。 この汚れは比較的簡単に取り除くことが可能となります。 このウロコ比較的頑固なケースが多く、 主に水分が乾燥した際にこびりつくシミです。 このようなウロコが付着したらできるだけ早めに除去して上げることが理想となります。 それでは、 具体的にシミ汚れが付着した場合の除去方法を見ていきましょう! 2章 車のフロントガラスに付着したウロコ取り方法 車の窓ガラスに付着したシミですが、油膜汚れもウロコ汚れも除去方法は同じです。 ステップごとに見ていきましょう! ステップ1 ガラス面の汚れ落とし ガラス面には砂利や鉄粉などの汚れが付着しています。 それらの異物が付着した状態で研磨剤を使用してしまうとガラス面に傷が付着する恐れがあるため、ガラス面の汚れを水拭きもしくは洗車を行い予め落としておきます。 ステップ2 ガラス研磨剤でウロコ取り ガラス面に付着した油膜やウロコをガラス研磨剤で取り除いていきます。 この作業で気を付けることは、ガラス面が濡れていない状態で行う点です。 ガラス面が濡れてしまっていると溶剤の有効成分が薄くなってしまうため、乾いた状態で行いましょう! スポンジなどを使用してガラス研磨剤を塗布して、縦横均等に汚れを落としていきます。 乾いたクロスで溶剤を拭き取りながら油膜やウロコが付着していないことを確認していきます。 ステップ3 水拭き作業 濡れたクロスでガラス面を拭くことで油膜が取れたか確認していきます。 水で拭き上げた箇所が水を弾いている場合は油膜がしっかりと取り除けていません。 念入りに確認しながら作業を行います。 ガラス研磨剤の使用方法を動画でご覧ください。 シミが固着しないように 最低でも月1回はガラス面を掃除して上げることが大切です。 コーティング剤が汚れを弾くことで油膜の付着を軽減するため非常に有効な作業となります。 についてはこちらの記事をご覧下さい。 ワイパーが当たらない部分はそのまま乾いてしまうとウロコの原因となるため、雨天走行時以外は極力ワイパーを使用しないようにしましょう!.

次の

フロントガラスのウロコ取りには酢が効果的?失敗しない3つの注意点

フロント ガラス の ウロコ 取り

フロントガラスのウロコ取りを新聞紙で落とす方法は、 とても簡単でよく落ちるので私も良く使っていました。 水でちょっとぬらすだけで簡単に落とせるので重宝していました。 新聞のインクが油膜の油を吸い取ってくれるのでおすすめです。 手が汚れるのでビニール手袋(使い捨てのタイプ)をして行ったほうがいいですよ。 酢やクエン酸を使っても、手軽に落とすことが出来ます。 この場合は水で少し薄めて、スプレーなどを使うと簡単です。 私はこの他に、レモンの皮をフロントガラスに、こする方法を使っています。 レモンにはワックスの油分があるので、軽くこするときれいに落ちます。 面が広いので、ちょっと大変ですが、布でふき取っていけば大丈夫です。 ではフロントガラスにうろこがつく原因は何かというところから、 お伝えしていきたいと思います。 フロントガラスにウロコがつく原因は? フロンごガラスにウロコができる主な原因は、 水垢が原因で、 空気中のばい煙や油分などが、 フロントガラスに付着してできるものです。 油分が含まれているため簡単には落ちないのです。 洗車をまめにしていればならないのですが、 忙しかったりして、放っておくと被害は拡大してしまいます。 そうなってしまった場合の水垢落としは、やはり洗車しかありません。 油汚れが原因なので、台所用洗剤を薄めて使います。 洗車後は泡を残さないようにしっかり水洗いをしてくださいね。 ガラスのうろこ取りにおすすめなのは「酢」です。 水に含まれるミネラルを取り去ってくれるのです。 アルカリ性のミネラルを酸性の酢が落としてくれるというわけです。 それと定期的なワックスがけも重要です。 これによってうろこが付きにくくなり、洗車が楽になります。 油膜とりで、ガラスのギラギラを防ぐ。 専用洗剤で除去する。 窓ガラス専用コーティング をしてもらう。 私も点検などの時やってもらいます。 頻繁にやらなければならないのが大変ですが、効果はあります。 フロントガラスのウロコ取りを新聞紙で落とす方法!それ以外の方法は? スポンサーリンク 新聞紙で落とす方法は一番最初に書きましたが、 これは古くから使われているやり方で、私も以前はやっていました。 なぜ新聞が効果的なのかというと、 新聞の繊維が汚れをからめとってくれるからなんですね。 最初は切ってやる方法で、ぬらさずに直接ガラスを拭く方法でした。 手袋をしないとインクで手が真っ黒になってしまうので、 今は柔らかい布でふく方法を使っています。 布はさらしで、布おむつの使わなくなったものを切って使っています。 (布と、紙おむつを併用していました。 ) 冬に生まれたので、夜間布おむつを使っていました。 その残りです。 新聞紙以外の方法は? 1,クエン酸を使う方法 クエン酸はシソジュースを作るとき使うのでたくさんあります。 半日ほど置くと、クエン酸で水垢が中和されます。 最後に乾いたぞうきんで拭いて水滴を取ってください。 ボディにつかないように注意してください。 2,うろこ取り専用クリーナーを使う方法 カーシャンプーでガラス表面の汚れを落とし、 水分をふき取った後、クリーナーでみがきます。 ちょっと大変と思える時はディーラーやスタンドで頼んでみて下さい。 値段は500円程度であります。 一緒に油膜取りや撥水加工をしておくと長持ちします。 また必ず拭き上げ作業を行ってください。 乾く前に行うことが大切です。 これは車を長持ちさせるためには、欠かすことのできないものです。 その他、 ・ウォータースポットクリーナー・ ・ガラスコンパウンド ・油膜取り専用クリーナー これらのものも効果がありますが、 使用法は説明書を必ず読んでから使ってくださいね。 3,ウーロン茶での油膜落としをする方法! ちょっと意外に思われるかもしれませんが、 ウーロン茶は体脂肪を落とすためのものと思われていますが、 実はフロントガラスの油膜を落とす効果もあるのです。 油分を吸収し閉じ込めてしまうのですが、 人間だけではなく車にも効果があるとは本当に驚きですね。 フロントガラスのウロコがつかない対策とグッズは グッズも大切ですが、まず一番はやはり洗車をまめにすることでしょうか。 汚れの種類としては、 ごみやほこりによるものが主なので洗車で落ちます。 もう一つは 空気中の油分や、ばい煙や、ミネラルといったものが乾いてくっついてしまった場合。 これは簡単には落ちないので、洗剤などを使って落としてください。 洗剤などで油膜が取れたら、アフターケアをして、うろこがつかない対策をします。 カーコーティングや、専用洗剤を使って油膜取りをしておくなど、 日ごろのケアを怠らないようにしましょう。 車を長持ちさせる秘訣でもありますよね。 油膜取り専用グッズのご紹介 ・パーツクリーナー フロントガラスに吹き付けた後、きれいな布でふき取ります。 ・クレパーツクリーナー 使い方は一緒です。 石油系なので、油汚れには非常に効果があります。 ・ガラス用コンパウンド 効果が長持ちします。 付属のクリーニングパッドでみがいて下さい。 キイロビンよりも楽に落とせます。 ・ウインドウ専用「ピカピカレイン」 ガラス用のコーティング剤でアフターケアとしてご利用下さい。 撥水加工も十分で、お手入れが楽になりますよ! ・「エリエール除菌クリーナー」 車のダッシュボードなどに入れておけば、いつでも手軽にふき取ることが出来ます。 専用洗剤について書き出してみましたが、参考にしていただければと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? 私はトヨタのディーラーさんには本当にお世話になりました。 車の手入れ、定期点検などいろいろ勉強になりました。 主人は車関係で働いましたが、必要最低限のことしかやらないので、 その他のことは皆私がやっていました。 車というのは、車種にもよるかもしれませんが、ずいぶん長持ちするものなのです。 それには、普段のメンテをしっかりやっておくことが秘訣です。 主人は無駄だといっていましたが、 10年以上もパワーも落ちることなく、動いてくれました。 ですが、うちのおバカな娘の運転で、車は無残な姿になってしまいました。 車ももちろん寿命がありますが、事故で車をつぶすほどもったいないことはありません。 事故を起こさないように気をつけて、車を大事にして乗ってくださいね!.

次の

フロントガラスのウロコは酢で落ちる!?

フロント ガラス の ウロコ 取り

みなさん、こんにちは。 99ブロ編集長のタナカBです。 5月もあと少しで終わり・・・。 もうまもなく6月に入ればあの季節がやってくるわけです。 そうです。 梅雨です。 沖縄・奄美地方はすでに梅雨入りし、九州や99ブロチームがいる関西地方もそろそろかな…ということで、やはり梅雨に向けたブログを書きたいなー、ガラコあたりでネタはないかなーと思案していた時のこと。 ちょうど友人の車で夜出かけることになりました。 対向車のライトが当たった瞬間、窓の汚れに気付きました… 私「窓、結構汚れてるね…」 友「そうやねん」 私「もしかして、あんまり洗車してへん?」 友「うん、バレた?(笑)」 あちゃー、どうやら、洗車自体ご無沙汰のようで、窓拭きも軽く拭く程度しかしていなかったようです。 あの時は夜だったので、どの程度ガラスが汚れているかはっきりわからなかったのですが、昼間に見てもワイパーの跡がくっきり付いていました。 引きで見ると、そこまで汚れているように見えないかもしれませんが、水をかけて見るとこんな感じです。 水がベターっとなっているところもあれば、潰れたような水玉が残っていたり、ワイパーの拭きスジが残ってしまったり。 ところどころ、ウロコっぽい汚れも。 というわけで、まず軽くシャンプーで、砂や泥汚れを洗い落とします。 シャンプーで砂などの目に見える汚れは落ちましたが、つぶれた水玉が少し残り、過去に塗ったガラス撥水剤や頑固な汚れなどはやはりシャンプーだけでは落としきれませんでした。 もちろん、時間がない時はこのままガラコを塗るだけでもよいのですが、そういえば…ボス、クニムネが過去にってブログで言っていたことを思い出し、今回はガラコの前にガラスに付いた油膜やガラス撥水剤をしっかり落とすことを最大のミッションにしようと考えました。 ということで持ってきたアイテムはこちら。 こちらは、ボトルとフェルト部分が一体型になっている ガラス専用のクリーナーです。 友「なんか不思議な形やけど…ガラコってだいたいこんな形してへん?(笑)」 私「一番作業性が良くて使いやすいから、こんな形が多いんよ」 友「へ~。 「ガラコ」のロゴが入ったボトルの持ち手部分に液が入っていますので、まずはカバーをしたままよく振ります。 透明カバーの真ん中がネジキャップなので、ネジキャップをまわしてカバーをオープン! 友「わ!中から何か出てきた!」 友人が言う「何か」というのが、クリーニングの液剤です。 フェルト部分の真ん中の穴から液剤を出しながら作業ができるという仕様になっています。 塗り面のフェルト部分もクリーニングしやすいよう、大きめ。 このフェルト部分をガラス面に付けて、こするようなイメージで磨いていくだけ。 こちらのクリーニング剤、【乾いたガラス】に使うことで最大の効果を発揮するので、洗車後の水滴をタオルなどで拭き取ってから、必ずガラスが乾いた状態で使用することがポイント。 濡れたガラスには使わないよう注意しましょう! ボトルを握ると、液剤が出てくるので、足りなくなってきたなと感じたら握って液剤を出しながら、しっかりこすっていきます。 磨き残しのないよう、縦方向にも横方向にも磨いておきます。 友「初めてやるからよくわかんないけど、こんな感じでいけてるのかな?」 私「さっき液剤がはじいていたところもはじかなくなってきたし、なかなかいい感じちゃう!」 しっかり力を入れて何度かこすることで、液剤がはじかなくなってきました。 これが微妙に残った油膜やガラス撥水剤をしっかり落としている証拠なんです! 半分磨き終わった状態がこちら。 友「真っ白!」 この状態から、ガラス面の液剤を水で洗い流します。 しっかり洗い流し、半分だけ磨いた効果を見てみます。 実験のようにきっちり半分にパカッと磨き分けたわけでないので、ちょっとわかりづらいかもしれませんが、右は水玉が付いていますが、でクリーニングした左の方は水が水玉にならずにサーッと流れている状態になりました。 ガラス面に残っていた劣化したガラス撥水剤や油膜などの汚れがしっかり落ちた状態です。 「おお~!こんなふうになるんだ!」と、友人も感動した様子。 車内から見ても、ご覧の通り。 半分だけ水滴が残っています。 残り半分も磨いていくと・・・ フロントガラス全体がベターっとした状態になりました。 車内から見るとこんな感じ。 手間がかかりそうなイメージの油膜取りも、なら握ってこすり、水で流すだけで、しっかり落とすことができました! 初めて使った友人も「こんなに簡単にできるんや~!手もいうほど汚れないからイイ!これなら私でもできそうかも~」と満足な様子でした。 最後、キレイになったガラスへガラコぬりぬりして終わり。 みなさんは、どんなタイプのガラコをお使いですか? ガラコを今まで塗ったことがない方には、ザーッと大雑把に塗ってもOKなや、濡れたガラスにもスプレーOKのが使いやすいと思います。 しかし、今回は、友人にはできるだけ長持ちタイプがベスト!と思い、 約1年間長持ちして、油膜などもつきにくい、ガラコシリーズの中で最も耐久性の高いフッ素系の をチョイスしました。 はガラコワイパーとの相性もいいんです。 これで来年の梅雨前まではしっかりもってくれるはず…! 「早く雨降らないかな~!あんまり雨の日の運転好きじゃないけど、雨の日が恋しい(笑)」 という友人の感想どおり、水玉がコロコロ転がって、走る風圧で飛んでいくさまは見ていて楽しいですし、なによりガラスがキレイになることで視界も良くなります! これから梅雨に入る前のこのタイミングこそ、初めての人でもカンタンにできるフロントガラスのメンテナンス、是非やってみてくださいね。 ということで、今回のレポートはこれまで。 次回のやってみましたレポートもお楽しみに! 関連リンク• あわせて読みたい•

次の