食後 下痢 腹痛。 食後に腹痛、食べると下痢がよく起きるようになったら見るサイト!

食後すぐ下痢になる原因は?消化不良や過敏性腸症候群の可能性も

食後 下痢 腹痛

食後、すぐに下痢する症状とは? 食後におなかが痛くなれば、食中りをまず疑いますね。 あれ、何か悪いもの食べたかな?と考えるのは当然ですが、でも消化には2時間かかると言われています。 そして毎度腹痛に襲われるのであれば、もう食中りではありません。 何か他に原因があります。 食後出てくる便は何でしょう?これは明らかに、前に食べたものです。 それが何らの理由で、まだ本来は便となって出る前に、水分過多の状態のまま出てしまうのが端的に言えば下痢です。 体調だったり、食べたものだったり、精神状態だったり、理由がいろいろありますが、継続的にこの状況が続いているなら、問題です。 本来は、水分はもっと吸収された状態で、体外に排出されるべき便が、それよりも早い段階で排出されているのであれば、便を出すたびに体は余分な水分を失っていくことになります。 これは体が異常であることを伝えているのです。 聞いてあげましょう。 これに嘔吐を伴うのであれば、もっと事態は深刻です。 早急に病院に行くことを検討すべきです。 食後、すぐの下痢は体のSOS 体調が思わしくなくなると、特に内臓に影響が出ます。 本来であれば大したことのない食事内容でも、弱っているときに摂取することで、胃腸に大きな負担がかかる事があります。 これが下痢の原因になることもあるのです。 特にアルコールや、コーヒーなどの刺激物はかなり胃腸に対する攻撃力があります。 体調が戻るまで摂取を控えた方がいいでしょう。 また、体調不良の自覚がなくても、下痢をするのであれば、加齢が原因という事を疑ってみましょう。 例え自覚がなくても、胃や腸も体同様に年を取ります。 そこに若い時と同じ食事をすれば、年を取った胃腸は対応しきれないという事もあるのです。 特に油を使った料理はその傾向が顕著です。 これを機会に食生活を見直しましょう。 最近はココナッツオイルにアマニ油、荏胡麻油など、体にいいと言われる油などあちこちで簡単に手に入るようになりました。 これを機会に油の摂取の仕方や量及び使っている油について見直しましょう。 病気で食後すぐに下痢する原因? 食生活を変えてみても食後の下痢の症状が改善されないのであれば、まずは病院に行ってみましょう。 風邪やインフルエンザなど病気が原因のことがあります。 これらは、下痢の他にも発熱や嘔吐などの症状を伴うことがあります。 また最近若い人に見られる病気で「クローン病」と言われるものがあります。 口から肛門までのいろんな消化器に潰瘍や炎症が出来る、慢性的な病気です。 食事を取るとおへその周りが痛くなったり、腹部の右下に痛みを感じる人もいます。 発熱を伴うこともあり、この病気に罹患している人の80%は下痢の症状が出ているといいます。 また食べているのに体重が減少していくのであれば、クローン病の可能性があります。 ただちに病院へ行くようにしましょう。 治療することによって症状は改善しますが、完治する例は少ないそうです。 クローン病にかかる原因は今のところ不明ですが、動物性たんぱく質や脂肪の過剰な摂取との因果関係が疑われています。 ストレスが食後の下痢の原因? 人間の体は思ったよりも、心の影響を受けるものです。 健全なる精神は健全なる身体に宿るという格言がありますが、逆もまた真なりです。 もし最近何かストレスのかかる状況にあるとしたら、それが下痢の原因という事もあるのです。 とはいえ現代人は、常にストレスとの闘いはありますが、下痢が続く状況は明らかに負け戦なのです。 そのためその状況を打破する必要があります。 もし可能であれば、ストレスの原因と距離を置くことです。 そうすればかなり状況が改善されます。 しかし実際問題それが簡単に行えないのであれば、ストレスを発散する方法を検討しましょう。 例えば、逃避場所を作ります。 仕事や学校が忙しかったら、プライベートで息抜きできる機会を積極的につくるなどです。 机に座っていることが多い人は、体を動かす趣味を持つと、頭の暴走具合が調和されて、ストレスが発散されます。 また自分の好きなことをしている時間を作るだけでも、大分心が平穏を取り戻せます。 意識的にそういった時間を作るようにしましょう。 病院に行っても下痢の原因が判らないことも いざ病院に行っても、検査の結果は特に問題なし。 でも下痢の症状は治まらない。 そういった人は「過敏性腸症候群」である可能性があります。 これは体ではなく心が原因の病気なので、前述したようにストレスが原因であることが多いです。 ストレスが解消されると自然に症状がなくなります。 そのほか、3食きちんと食べるようにしましょう。 早食いやまとめ食いは胃腸に負担がかかるので止めるべきです。 そして規則正しい生活を心がける、睡眠を十分にとる、香辛料のような刺激の強いものや、アルコールやカフェインを含んだものを避けるといった事を心がけると下痢の症状が改善されます。 ちなみにカフェインを含んだ飲み物は珈琲、紅茶だけでなく、ウーロン茶や緑茶にも含まれています。 お茶系なら麦茶がおすすめです。 そして体を冷やさないことが大切です。 体が冷えれば消化不良となりそれが下痢になることもありますので、寒い時はカイロや腹巻などでおなかを守るようにしましょう。 検索: 今日の人気記事• 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 年に一度の誕生日はビッグイベントですよね。 30代の男性といえば立派な大人。 大人に似合う素敵なものを贈りたいと思... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、発熱などの症状があり、大変苦しいものです。... 年金を払ってないことで老後の生活も心配になりますが、今の生活が厳しいので支払うのが難しい人もいるでしょう。 仕事が出来る人と出来ない人を分ける一番の要素は「メモを取る」か「メモを取らないか」です。 たかがメモとは... 風邪をひいたらお粥を作って……? でも一人暮らしだと具合が悪いのに料理ってしんどいですよね。 エアコンが冷えなくなったと思ったら室内機に霜がついていた。 そんな経験を持っている人も多いことでしょう。... ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の

食後に下痢する理由とは?すぐに下痢する場合は病院へ?

食後 下痢 腹痛

発症までの時間が短い順|食中毒の原因菌 黄色ブドウ球菌:食後30分~6時間 食後30分~6時間ほどで発症するケースが多い。 主な症状は、 腹痛、下痢、吐き気、激しい嘔吐等。 人の喉の粘膜、毛髪、皮膚や鼻に存在します。 ウェルシュ菌:食後6~18時間 食後6~18時間程度で発症するケースが多い。 発症後1~2日で症状が改善に向かうケースが多い。 主な症状は、 腹痛、下痢、微熱等。 人や動物の腸管内、土壌等自然界に広く存在します。 腸炎ビブリオ:食後5~24時間 食後5~24時間程度で発症するケースが多い。 主な症状は、 激しい腹痛、下痢、吐き気、発熱等。 海水中に存在します。 ボツリヌス菌:食後8~36時間 潜伏期間は、 8~36時間程度。 主な症状は、 吐き気、嘔吐、嚥下障害、脱力感、言語障害、視力障害等。 稀に呼吸筋が麻痺して、命の危機に晒される恐れもある。 海、河川、土壌等の自然界や、動物の腸内等、広く存在します。 サルモネラ属菌: 食後6~72時間 食後6~72時間程度 菌種により異なる で発症するケースが多い。 主な症状は、 激しい腹痛、下痢、嘔吐、38度以上の発熱等。 動物の腸内に存在します。 セレウス菌:嘔吐型30分~6時間、下痢型8~16時間 潜伏期間は、 嘔吐型の場合、30分~6時間程度、下痢型の場合、8~16時間程度。 主な症状は、 嘔吐型の場合、吐き気、嘔吐、下痢型の場合、腹痛、下痢等。 土壌等、自然界に存在します。 病原性大腸菌:食後12時間~5日 潜伏期間は、 12時間~5日間程度。 主な症状は、 腹痛、下痢、発熱等。 人、動物の腸内に存在する病原性を持つ菌です。 ノロウイルス:食後1~2日 潜伏期間は、 1~2日間程度。 主な症状は、 腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱等。 3日ほどで快方に向かう人が多い。 カキ等の二枚貝が原因になるケースが多いです。 カンピロバクター属菌:食後1~7日 潜伏期間は、 1~7日間。 主な症状は、 腹痛、下痢、吐き気、頭痛、倦怠感、発熱等。 牛、豚、鶏等の腸内に存在します。 アニサキス:胃アニサキス1~8時間 腸アニサキス数時間~数日 潜伏期間は、 胃アニサキス症の場合は、1~8時間程度、腸アニサキス症の場合は、数時間〜数日後。 主な症状は、 腹痛、嘔吐、悪心等。 海産魚介類に寄生する寄生虫です。 腸管出血性大腸菌:4~9日 潜伏期間は、 4~9日間程度。 主な症状は、 激しい腹痛、水溶性下痢、血便。 重症化すると、 溶血性尿毒症症候群等を起こす恐れがある。 病原性大腸菌の一つで、毒性・感染力が強いベロ毒素を作る菌です。 食中毒の症状が出たときの対処法 下痢や嘔吐など食中毒が疑われる症状があらわれたときは、どう対処すればいいのでしょう? 病院を受診するべき重篤な症状もあわせて聞いてみました。 病院を受診すると、まず原因を特定し、治療方針を決めるケースが多いです。 治療方法としては、点滴 脱水予防 、薬剤療法 抗生物質 等が挙げられます。 下痢をすると、水分と電解質が失われるため、それらを補給する必要があります。 下痢や嘔吐で体力を使い、胃腸も弱まっているため、消化がよく、栄養価が高いものを摂りましょう。 嘔吐したものが喉に詰まらないように、寝るときは横向きにしてください。 市販の痛み止めや下痢止めを飲んでもOK? 食中毒の原因である細菌やウイルスが体外に排泄されることを妨げ、逆に症状を悪化させる可能性があります。 自己判断での市販薬の服用はおすすめできません。 薬を服用する際は、医療機関を受診しましょう。 食中毒は人にうつるの? 通常、 食中毒は人から人に直接うつるケースはほぼないと考えられています。 しかし、腸管出血性大腸菌 O-157 や、ノロウイルス、赤痢菌等は感染力がとても強く、人から人へ感染する可能性があります。 食中毒は自然に治るの? 食中毒の症状が軽い場合は、短時間で症状が治まり、自然治癒することもあります。 しかし、原因となる細菌等にもよるため、気になる症状が出ている場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

次の

食後に下痢する理由とは?すぐに下痢する場合は病院へ?

食後 下痢 腹痛

食後の腹痛や下痢が当たり前に 特に早食いの人に多いのですが、しっかり噛まずに飲み込むように食べたり、肉類を中心とした脂の多い食事や、ついつい食べ過ぎることが多いと、胃や腸に大きな負担がかかるので 腹痛や 下痢になるのは簡単に想像できると思います。 特に食べ過ぎてもいないのに、同じように食後に腹痛や下痢を起こすようになると、 胃や腸の働きがかなり悪化状態にあると言えます。 食後に腹痛や下痢になるのは 食材が傷んだり腐ったりしていないのに食事をした後に腹痛や下痢になる原因として一番可能性が高いのは、食べたものがうまく消化されていないこと、つまり 消化不良になっているのだと思われます。 最初は、食べ過ぎや飲み過ぎ、消化の悪い食事によってもたらされた食後の腹痛や下痢も、胃や腸の働きが低下した状態が続いてしてしまうことで、普通の食事をあまりたくさん食べなくても すぐに消化不良を起こす体質にになってしまっているという可能性が高いのです。 また、 ストレスや体の 疲労も重なると、胃腸の働きは、さらに低下してしまうことになります。 この悪循環に入ることで日常的に、食後すぐに腹痛を起こしたり、急に 下痢になりやすい体質になっていると言えます。 食事の種類や食べ方 肉類などの動物性脂肪の多い食事や食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、唐辛子やニンニクなどの刺激物の摂り過ぎは、胃酸の分泌を乱したり、 すい臓の働きが低下して消化酵素の分泌が減ると、胃や小腸での消化不良が起きやすくなります。 肉類などのたんぱく質が多い食事は、たんぱく質を消化するのに、胃の 消化酵素を大量に消費します。 同様にアルコールも 消化酵素を大量に消費します。 お酒を飲みながらの焼肉は、一番胃腸に負担をかけることになり、消化不良を起こす最大の原因と言えます。 私もそうなんですが、お酒を飲みながらの焼肉は格別に美味しいですよね。 なので、どうしても食べ過ぎ、飲み過ぎとなってしまいます。 できるだけ消化を手伝ってくれる 野菜などに包んで、お肉を食べるようにすると良いですよ。 よく噛まないで早食いすることも胃や腸の消化を妨げるので、胃腸への負担となり、消化不良を起こす原因になってしまいます。 ストレス ストレスがたまると、胃や腸の働きを管理している 自律神経の働きが鈍くなることで、胃腸が正常に機能しなくなります。 自律神経が乱れると胃液の分泌も減少したり、血行を悪くして胃壁の粘膜に血液が行かなくなって、胃壁を荒れさせてしまいます。 その結果、消化不良を起こしやすくなり、 胃壁も荒れ放題で、胃もたれ、膨満感といった症状につながります。 反対に自律神経の乱れによって胃酸の分泌が増加する場合もあります。 胃酸が出すぎると、これまた胃壁を荒らして、胃の中の細い血管を傷つけて、 胸焼けや 胃痛を引き起こすことになります。 またストレスによって夜眠れなくなり、 睡眠不足などからも胃が正常な働きをしにくくなることも、消化不良や胃腸を痛める原因ともなりますので注意が必要です。 過敏性腸症候群 規則正しく、ヘルシーな食生活をしているのに、毎日のように食後に腹痛や下痢の症状が現れるという場合は、 過敏性腸症候群という病気の可能性が高くなります。 過敏性腸症候群は、ストレスや腸内細菌、薬の飲み合わせなどによって腹痛や、下痢、便秘などの症状が発生します。 腸や血液の検査をしても、特に異常が見当たらずに、腹痛や下痢が長く続いてしまう病気です。 日本人の20代、30代といった若い人に多く、会社での人間関係や仕事のトラブル、転勤、転職、部署異動など生活環境の変化、出張や社内会議のプレゼンといったちょっとしたストレスや緊張で腹痛や下痢になるタイプの方が、かかりやすい病気です。 食後の腹痛や下痢にならないために 胃に良いものを食べる 胃の働きを改善して消化を良くしたり、消化を手助けしてくれるものを摂取しましょう。 タンパク質などの消化を助けたり、胃酸過多などにも効果的です。 加熱すると効果が薄くなるのでできるだけ生のままで、 根おろしにするなどして召し上がるのがおすすめです。 キャベツに含まれるビタミンCやカルシウムが、疲労回復、不眠症などに効果があります。 特に春キャベツは、胃腸薬として有名なキャベジンの成分を豊富に含んでいます。 キャベジンには、粘膜の損傷を修復したり、粘膜細胞への血行を良くする効果もあるため、疲れきった胃にはオススメの野菜です。 バナナは、身近にある食べ物では 抗酸化力が高く、含まれている酵素が胃腸を整えてくれます。 消化不良の予防 消化不良を予防するのに、取り組みやすい予防方法をまとめましたので、参考にしてください。 腸内環境を整えておくことは、消化不良の改善以外にも、さまざまな体の不調(病気)の予防にもなります。 よく噛んで食べる 食事は早食いすることなく、よく噛んで食べましょう。 よく噛むことで食べたものが 細かく噛み砕けると消化しやすくなりますし、噛む回数を増やすことにより唾液の分泌が多くなります。 唾液には消化を助けるアミラーゼが含まれているので、胃への負担を軽くしてくれます。 生活習慣の改善 乱れた食生活や生活習慣は、胃や腸の働きを悪くして、消化不良を引き起こしやすくします。 肉類に偏った食事や、不規則な食事回数や食事時間(朝食を抜いたり、夜遅く食事をしてすぐ寝たりなど)をしないで、野菜を中心とした バランスのよい食事を規則正しく決まった時間に摂るようにしましょう。 食べた物を消化するには胃や腸に多くの血液が必要ですが、食後すぐに体を動かすと、消化に必要な血液が胃や腸ではなく手足の方に行くので、胃や腸の働きが低下し消化不良を起こしやすくなります。 食後最低30分程度は体を休める習慣をつけましょう。 また、ゆっくり体を休めた後は、適度なウォーキング程度の運動をして運動不足を解消しましょう。 適度な運動は、胃や腸の働きを活発にしてくれるので、消化不良を起こしにくい体を作ることができます。 腸内環境を改善する 腸内環境が悪化していると、悪玉菌が作り出す有害物質によって、腸の働きが低下しています。 消化しにくい食べ物や暴飲暴食、ストレスといった原因もそうですが、それ以前に腸内環境が悪化していて、腸での消化・吸収機能が低い場合には、ちょっとした食べ過ぎやストレスでも消化不良をおこしてしまいます。 腸内に善玉菌(乳酸菌)を増やして、腸内環境を改善しておくと、多少の食べ過ぎや動物性脂肪の摂り過ぎ、飲み過ぎやストレスにも対応できる胃腸の状態になり、消化不良を起こしにくくなって予防することができます。 腸内環境が整うと、腸の働きが正常化します。 ウンチの固さを調整する大腸もきちんと働き、ほど良い固さのウンチになるように腸内を移動するスピードを整えて、水分の吸収を丁度よい感じにしてくれます。 ほど良い固さのウンチになると、スムーズに肛門まで運ばれていって、するっと出すことが可能になります。 そうなると 下痢便や ベトベト便から解放され、トイレも汚れにくくなりますよ。 私も一時期、転職後に環境の変化やストレスで軟便や下痢をよく起こしていましたが、善玉菌(乳酸菌)を摂ることで腸内環境を整えて、短期間で下痢やベトベトウンチを改善することが出来ました。

次の