宅建 講座 おすすめ。 宅建の「通信講座」おすすめ口コミ評判比較ランキング10選!

プロ&合格者が選ぶ!宅建の通信講座おすすめランキング

宅建 講座 おすすめ

教材 【通信講座】 ・ テキストと動画講義がリンクしており、インプット学習の効率が高い【独学】 ・万人向けに網羅的な分厚いテキストになりがち ・動画講義がないので インプット学習の効率が悪い 学習環境 【通信講座】 ・各通信講座ともインターネットでのEラーニングや講義配信に力を入れており、 いつでもどこでも本格的な学習が可能 ・質問サポートを行っている講座であれば、学習中の疑問点もすぐ解消できる 【独学】 ・学習中に分からない点があっても、自力で調べる必要があり、 時間効率が悪い上に正確性にも不安が残る 費用 【通信講座】 ・ 2万円以下~20万円前後までさまざま。 自分に学習スタイルに合わせて選択可能 【独学】 ・ 約2万円程度 一昔前までは、独学と通信講座を比較すると、もちろん学習効率は通信講座に分があるものの、その費用の差はかなりのものがありました。 しかし、現在ではネット環境の充実や、スマホの普及で格安のオンライン専門通信講座も複数存在し、 独学とさほど変わりない程度まで価格が下がってきています。 この状況であえて数万円程度のお金を惜しんで 最も貴重な「時間」を無駄にするという選択肢はどうしてもおすすめできないと思うのです。 宅建士の通信講座人気ランキング! 当サイトからの申し込みが多い人気の高い通信講座のランキングになります。 そして、多くの宅建士通信講座の中から自分に合ったもの選ぶには、自分なりの基準を持つことが大切です。 ここでは、そのような宅建士の通信講座選ぶ際に見るべきポイントをを解説します。 まずは自分の学習環境を考えよう 宅建士試験の通信講座を選ぶ前に、まずは自分の学習スタイルや、適性をしっかりと確認しておきましょう。 例えば 1日2時間勉強するのでも、通勤時間などのスキマ時間が大半の方もいれば、しっかりと机の前で2時間を確保できる方もいるでしょう。 細切れの時間を最大限活用していくためには、スマホやタブレットでの講義の動画視聴や、音声学習を中心としてWEB学習に強い通信講座が向いているでしょう。 また、お仕事の内容が営業などで移動が多いのであれば、重くかさばる教材を持ち運ぶことは無理があるでしょうから、やはりWEB学習が中心となるかもしれません。 逆に比較的時間の余裕がある方であれば、しっかりとした分量のあるテキストを読み込むようなスタイルで、自習室の利用などもできる大手の資格スクールが向いているかもしれません。 また、そもそもテキストなどをスマホやタブレットなどのデジタル機器で読むこと自体抵抗があれば、テキストがPDFのみで提供するような通信講座は選択肢に入らないでしょう。 あなたの学習スタイルにぴったりの宅建士通信講座は必ずあります 宅建士は非常にメジャーで需要も多い資格であるため、あなたの学習スタイルに合った通信講座は必ずあります。 ならば、後は自分なりの判断基準を明確にして、できるだけ効率的に通信講座を探し、早く学習をスタートさせたいことろです。 同じ「通信講座」という名前を持っていても、テキストのスタイルや内容、講義のスタイル、質問対応などサポートの有無など、相当の違いがあるものです。 主に比較検討すべき項目としては• テキスト・講義動画を中心とした教材• サポート体制• 価格 が重要なポイントとしてあげられます。 まず、最初に比較すべきテキスト・講義動画などの教材の内容は、通信講座選びの中でも最も重要な確認ポイントです。 テキストや講義は、内容ももちろん大事ですが、それと同じくらい、 自分との「相性」が学習の進め易さに大きく影響するので、必ずホームページや資料請求で確認しましょう。 講義の動画はホームページで確認できる場合も多いですが、 テキストなどの教材のサンプルの取り寄せが可能であれば面倒がらずに必ず資料請求して自分の眼で確認するようにして下さい。 サポート体制は質問対応や自習室・教室聴講の有無などです。 質問対応は、価格を抑えるために行わないスクールもあれば、回数制限あり、無制限質問可能まで、いろいろです。 大手校であれば、自習室が使えたり、通信講座生でも教室聴講ができたりといったサービスがある場合があります。 価格に大きく影響してくる部分でもあるので、自分の学習スタイルと予算の兼ね合いで何が必要で何がいらないのかを冷静に判断すべきポイントです。 価格最優先で通信講座を選ぶのはやめておきましょう 最後に価格の比較ですが、あくまでも自分の学習スタイルや教材との相性がいいかどうかを優先させて通信講座を選択し、価格ありきで講座選びを行うことは避けた方がいいでしょう。 なぜなら、価格最優先でピンとこない通信講座を選んでしまい、結果的に不合格となってまうことが、最もコストパフォーマンスが悪いやり方だからです。 資格試験での最も大きなコストとは通信講座などの教材にかかる費用ではなく、学習に費やす時間そのものです。 決して少なくない大切な時間を注いでの受験となるのですから、納得できる通信講座を選び、短期で合格を目指すことが、結果的にコストパフォーマンスの良い通信講座選びとなることを忘れないで下さい。 ただ、 テキストにマーカーを引いたり書き込みをしたりしていきながら使っていくには白黒の方が好都合という方もいます。 また、そのようなスタイルの場合、 テキストがPDFのみの提供となるSTUDYing(スタディング)では、プリントアウトしたり別途ノートを用意する必要があるでしょう。 なお、クレアールのテキストは市販とはいえ、クレアールで長年活躍する講師自身が執筆したものなので、全く問題ないでしょう。 いずれにせよ、個々人の好みの部分もありますので、テキストサンプルなどの確認は必須です。 講義教材で比較! 各通信講座の講義教材のスタイル 通信講座専用の録画講義 WEB・DVD 通信講座専用の録画講義 WEB・DVD 通信講座専用の録画講義 WEBのみ 通信講座専用の録画講義 WEB・DVD 教室講義の録画講義 WEB・DVD 通信講座の学習効率が独学と比べて圧倒的に優れているのは、この講義教材の存在によるところが大きいでしょう。 テキストの文字を目で追うだけのインプットに比べれば、テキストとリンクした動画講義によって目と耳から知識をインプットするのでは、理解度や定着度に格段の差がでてしまうからです。 そんな通信講座のキモともいえる講義教材ですが、 比較すべきポイントは専用のスタジオで通信講座のために収録されたものかどうかです。 カメラアングルや音声の質などのクオリティの面で、大部屋での講義を録画するスタイルは難ありといわざるを得ません。 その点、資格の大原は教材講義の生収録なのは、ちょっと残念・・・。 また、STUDYing(スタディング)の講義教材にはDVDの選択肢は無いので、WEB視聴の環境が無い方は要注意です。 そんなときに活用できるのが、質問サポート制度です。 STUDYing(スタディング)だけは質問サポートがありませんが、価格を考えればやむなしといったところでしょうか。 フォーサイトは15回の制限付ですが、受講生の年間平均質問回数は5回ということなので、通常であれば十分なのかもしれません。 質問サポートを回数無制限でサポートしてくれるのは、クレアールとTACです。 クレアールとTACの価格差を考えると、この点ではクレアールにかなり魅力があります。 自習室の利用や、スクーリングと呼ばれる実際の教室での聴講制度は、やはり大手のTACと大大原ならではのメリットですね。 価格と費用で比較! さまざまな通信講座の内容を踏まえ、最後に確認すべきが価格が妥当なものかどうかです。 まずは、ざっくりとした各通信講座の価格帯を下図でご確認下さい。 主な宅建士通信講座の主要価格帯の比較チャート おおむね、基本的な総合コースの価格帯はこのようなります。 そして各通信講座とも、「早割」や「再受講割引」、「他資格保有者割引」などさまざまな割引制度があるので、その割引制度を踏まえてまずは現在の価格を確認します。 しかし、実は最終的な費用を知るためには単純に割引後の価格どうしの比較をするだけではいけません。 トータルでどれだけの費用がかかるのかを知るためには、以下の2点も比較することが必要となります。 合格お祝い金• 教育訓練給付 合格お祝い金も要比較 合格お祝い金とは、文字通りその通信講座を利用して合格を勝ち取った方に送られるお祝い金のことです。 対象のコースに申し込み、合格証プラス合格体験記の提出でお祝い金がもらえるというパターンが多くなっています。 その他の通信講座も期間限定で合格お祝い金をする場合があるので、各講座のキャンペーンページをよく確認しておきましょう。 使える人は必ず使おう、教育訓練給付金 使える方は限られますが、雇用保険の教育訓練給付金も受講費用を抑えるための有力な方法です。 なお、全ての通信講座に教育訓練給付金対象講座が存在するわけではなく人気ベスト5の講座の中では、STUDYing(スタディング)には対象講座がありません。 また、各通信講座とも教育訓練給付は使えるコースは限られているため、要確認です。 宅建士通信講座人気ベスト5を比較する!まとめ ここまで、通信講座選びの3大要素ともいえる 「テキスト」、 「講義教材」、 「サポート体制」に加え、価格・費用についても見てきました。 試験の運営は、一般財団法人不動産適正取引推進機構が国土交通大臣の指定機関となり、各都道府県知事の委任を受けて実施されています。 試験の公式情報や受験の申し込みは不動産適正取引推進機構の公式サイトから行います。 受験資格 年齢、学歴、国籍等の制約はなく誰でも受験することができます。 試験の申込み期間 毎年7月上旬から下旬 ネットでの申込み:毎年7月1日 ~ 7月15日 郵送での申込み :毎年7月1日 ~ 8月1日 試験日 毎年1回、10月の第3日曜日 午後1時~午後3時(2時間) 受験手数料 7,000円 試験形式 四肢択一のマークシート方式による会場受験 試験中持ち込めるもの• 受験票• BやHBの鉛筆 シャーペン含む• プラスチック消しゴム• 鉛筆削り• 試験対策としては、40点を確実に取れる実力を目標にしてがんばりましょう。 試験の一部免除 宅地建物取引業に従事されている方が、登録講習の課程を修了し、登録講習修了者証明の交付を受けることで、試験科目のうち「土地・建物の概要」の2問と「宅地・建物の受給及び実務」の3問の 合計5問が免除されます。

次の

プロ&合格者が選ぶ!宅建の通信講座おすすめランキング

宅建 講座 おすすめ

ちなみに合格率を発表している通信講座はかなり少ないです。 理由は簡単で、おそらく合格率が低いからです。 それを提示してしまうと誰も受講してくれませんもんね。 信頼感もその方がありますよね。 合格実績に関しても厳選に評価していきます。 講師のレベル 講師のレベルも通信講座を選ぶ時の重要なポイントになります。 基本的に通信講座の講師のレベルは高いですが、中にはたくさんの講師がいてハズレだった…という人もいます。 もちろんやるのは自分ですが、講師のレベルの差によって勉強への取り組み方が変わってくるように感じます。 しっかりと講師のレベルについても私が評価していきます。 サポートの充実 サポートの充実性も通信講座を選ぶ時に気をつけるべきポイントです。 受講費が安めの通信講座にありがちなのが、サポートが全くないということです。 つまり分からないことがあっても質問をすることができません。

次の

宅建のテキストを合格者がおすすめ!【人気テキスト比較ランキング!】

宅建 講座 おすすめ

受験者数・合格者数・合格率・合格点の推移 受験者数 合格者数 合格率 合格点 H19 209,684 36,203 17. 10月の第3日曜日に行われています。 宅建の平均的な学習時間 宅地建物取引士に合格するための学習時間は、試験合格者の体験談や予備校の学習時間などから考慮して 300時間〜400時間でしょう。 ちなみに 簿記2級で約250時間、行政書士で約600時間です。 宅建は300時間〜400時間ほどですのでこの中間あたりです。 難関資格では、司法書士で3000〜4000時間、公認会計士、税理士などは5000時間程とも言われており、司法試験では8000時間はかかると言われ、年単位の学習期間が必要になってきます。 宅建の勉強時間が300時間だとして、毎日3時間勉強に時間が取れるのなら100日。 3から4ヶ月は最低でも準備しておきたいところです。 合格ラインは35点前後であり、50問中の7割ほどを正解すれば合格できます。 この辺を考慮すれば、少ない勉強時間でも傾向と対策をしっかり行い、勉強するところと、捨てるところを考え、合格の35点がとれることは十分あるとも感じます。 しかし、やまをはる勉強にはリスクも伴い、そこにはやはり運の要素も絡んできます。 全くの素人が法律の勉強からいろいろやるとなかなか効率の良い学習が出来ないことも多く、勉強しているようであまり身になっていない時間も多く発生しがちです。 ここは、身近に試験合格者がいればアドバイスをいただいたり、予備校や通信講座を利用し、無駄な寄り道をしないよう効率の良い濃い学習、点に結びつく学習をこころがけましょう。 受験者数 毎年約20万人が受験。 これは数ある資格の中でもかなり多い部類に入ります。 宅建と相性の良い資格として有名な管理業務主任者やマンション管理士の受験者数は1万5千程度。 宅建は土地や建物を取引する企業では一年目から受験を促されるところもあります。 不動産仲介業だけではなく、ハウスメーカーや銀行においても資格を取得する方が多くいます。 合格者 毎年約3万人が合格。 これもかなり多いです。 人気資格であり、受験者数が多いのが間違いなく影響しています。 これだけ多くの方が取得しているにも関わらず、毎年平均して3万人ほどがどう合格していることを考えると、この資格はいろいろな職種の方に必要とされている人気資格であることが分かります。 合格率 15〜17%に落ち着いています。 宅地建物取引業に従事しているかたは、登録講習を受講すれば5問免除になります。 これにより、合格率は20〜25%ほどまで上がりますのでこのあたりも検討する価値ありです。 これだけの受験者数を誇る資格で合格率15〜17%を推移している状況から、決して敷居が非常に高いと躊躇するようなイメージではなく、やる気と良い教材があれば短期間でも十分に合格可能なレベルと言えます。 試験は毎年10月で年に1回であることから、勉強開始が遅いと独学でちょっとやったくらいでは厳しいです。 とにかく計画的に早めに学習をスタートさせましょう。 個人差はあるものの、宅建合格のためには約300時間の学習は標準的に考えて必要と言われます。 確実な合格を目指す方は通信講座などを活用し、効率よく短期合格を目指しましょう。 最低合格点(合格ライン) 2016年までの10年ほどのデータを見てみますと、 32点〜36点が合格点になっています。 宅建の試験は 50問・4肢択一式による筆記試験で、6割〜7割程度の点数をとれば合格出来ると言えます。 35点ほどとればかなりの確率で合格出来ると言えます。 宅建を受験する場合主要な3科目に分ける事が出来ます。 主要3科目は3つ 1.宅建業法 2.民法 3.法令上の制限 宅建の試験は、宅建業法 20問、民法 権利関係 14問、法令上の制限 8問、その他の法令 8問 5問免除制度適用者は3問 このような配分になっています。 宅建試験の流れ 試験案内の掲載・配布 ネット:ホームページに掲載。 (毎年7月1日から15日まで(原則) 郵送:各都道府県ごとに指定の場所で配布します。 へ確認してみましょう。 (毎年7月1日から7月31日まで(原則)) 受験申込の受付 【インターネット】毎年7月1日から15日まで(原則) 【郵送】毎年7月1日から7月31日まで(原則) 宅地建物取引士資格試験の料金 7,000円 消費税及び地方消費税は非課税 受付票(兼試験会場案内)の送付 毎年8月頃(予定) 受験票の送付 毎年9月末頃(予定) 試験の実施 原則として、毎年10月の第3日曜日 合格者の発表 原則として、毎年12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日 合格証書の送付 詳しくは、のホームページをご覧下さい。 表を参考に詳しい内容や料金は資料請求(無料)を行うか、ホームページで確認しましょう。

次の