留袖 髪型 ボブ。 ショートの時は?黒留袖での髪型4つのルールと結婚式の着物ヘアカタログ

留袖に合わせたい髪型20選!ショートからロングまでチェック

留袖 髪型 ボブ

「留袖」とは? 留袖は和服の1つで、 既婚女性が着る最も格の高い礼装です。 特に地色が黒の留袖は「黒留袖」と呼ばれ、結婚式や披露宴、結納式で親族の既婚女性、仲人夫人の服装として用いられます。 黒留袖の柄は、年齢や新郎新婦との続柄にふさわしいものを選びましょう。 一般的に、すそ模様の面積が小さく、模様の入っている位置が低い留袖ほど年配の人向けだと言われています。 20代や30代くらいの方は、膝上あたりまで模様が入った美しい柄の留袖を選ぶのがおすすめです。 かわいらしさや華やかさが際立ちます。 一方、40代以降の方は裾の方に少しだけ柄が入っている留袖を選ぶのがいいでしょう。 年齢相応の落ち着きや上品さを醸し出すことができます。 結婚式に新郎新婦の母親として参加する場合は、鶴や亀、松竹梅、鳳凰など格調高い柄がふさわしいでしょう。 留袖を着るときの髪型マナーとポイント 留袖はフォーマルな装いです。 そのため髪型もきちんと正装にする必要があります。 それでは 留袖の時の髪型のマナーとポイントをご紹介します。 基本はアップスタイル• 上品な髪型にする• 髪飾りは品のいいものを選ぶ• ルーズな髪型は避ける 続いて、留袖の時の髪型のマナーとポイントをそれぞれ詳しくみていきます。 特に結婚式ではお辞儀で頭を下げることが多いので、髪が顔にかからないようなヘアスタイルが望ましいです。 また、留袖を着るような場面では、髪型が崩れてしまっても直す時間がこまめに取れない可能性があります。 すぐに落ちてしまうような髪飾りや崩れやすい髪型は避け、隠しピンで固定したり整髪料で固めたりなど、髪型を保つための対策をとっておくと安心です。 主役を引き立てるよう、落ち着きのある品のいい髪型にすることを心がけてください。 そしてトップや後頭部にボリューム感を出すと品の良い雰囲気になります。 毛流れを生かした髪型も上品な印象になり、留袖によく似合います。 反対に、逆毛を立てたり強いカールをするような派手で個性的な髪型は避けるようにしましょう。 留袖を着る場面にはふさわしくありません。 留袖にはパールの髪飾りやかんざしなどが似合います。 べっ甲製の飾りや塗り物、金や銀の入ったデザインのものだと高級感が出て良いでしょう。 本物だと高額になってしまうので、プラスチック製品などで代用することも可能ですが、その時は安っぽくならないようなデザインを選ぶようにしてください。 厳密な決まりはありませんが、ポップでカラフルな色合いのものや、派手な装飾品がジャラジャラと付いた髪飾りは避けた方が無難です。 ラインストーンや天然石がメインの飾りも、留袖の髪型に似合わないことがあるので気を付けてください。 また、髪飾りの色は帯などと合わせるようにすると、統一感が出て上品にまとまります。 全身の姿を見ながら髪飾りを選んでみてください。 おくれ毛やゆるさを強調した髪型は留袖には似合いません。 原則的には、 なるべく毛先が見えない髪型にするようにしてください。 きっちりまとめたり毛先を内側にカールさせるなどして、外側に飛び跳ねないようにしましょう。 30代に似合う留袖の髪型 続いて、留袖に似合う髪型を具体的にみていきます。 まずは 30代女性に似合う留袖の髪型です。 30代女性の髪型は、髪のボリュームを生かし若々しい印象をつくることがポイント。 レングスごとに、5つずつ髪型をご紹介します。 ショート・ボブ• ミディアム• ロング それでは30代女性に似合う留袖の髪型を、レングスごとにみていきましょう。 ショート・ボブ ショート・ボブの30代女性に似合う留袖の髪型を5つご紹介します。 小さくまとめたシニヨン• ゆるい巻き髪スタイル• ふんわりボブ• 編み込み• ウィッグを使ったスタイル 続いてショート・ボブの30代女性に似合う留袖の髪型を具体的にみていきましょう。 自分の髪の色や質に近いウィッグを使えば自然な印象になります。 ウィッグはたくさんの種類があるのでおしゃれの幅が広がります。 留袖を着る特別な時だからこそ、よそいきのヘアスタイルにしてみてはいかがでしょうか。 ミディアム 次に ミディアムヘアの30代女性に似合う留袖の髪型を5つご紹介します。 ふんわりまとめたシニヨン• かんざしが主役のスタイル• トップを抑えたアップスタイル• ギブソンタック• 動きのあるアップスタイル 続いてミディアムヘアの30代女性に似合う留袖の髪型を具体的にみていきましょう。 40代女性の髪型は、大人らしい気品を兼ね備えたものにするといいでしょう。 レングスごとに髪型をご紹介します。 ショート・ボブ• ミディアム• ロング それでは40代女性に似合う留袖の髪型を、レングスごとにみていきましょう。 ショート・ボブ ショート・ボブの40代女性に似合う留袖の髪型を5つご紹介します。 花の髪飾りをあしらったアップスタイル• パールをつけたアップスタイル• サイド編み込み• ゆる巻きアップ• ピンを使ったまとめ髪 続いてショート・ボブの40代女性に似合う留袖の髪型を具体的にみていきましょう。 後頭部に飾られたパールが華やかな印象を引き立て、落ち着いた中に存在感があるヘアスタイルです。 アクセントとなっているかんざしがかわいらしい髪型です。 このヘアスタイルでは、一本かんざしと呼ばれる軸が一本のかんざしを使用しています。 留袖の時につけるかんざしは、ばち型の塗りやべっ甲のかんざしが主流ですが、派手なものでなければ一本かんざしを使うのもいいでしょう。 ただし、つまみ細工の花かんざしやサンゴなどの玉かんざしなどはカジュアルな印象になってしまうので、控えておいたほうが無難です。 ロング ロングヘアの40代女性に似合う留袖の髪型を5つご紹介します。 髪の流れを生かしたまとめ髪• トップにボリュームを持たせたヘア• 夜会巻き• 低めのまとめ髪• 後頭部にボリュームを持たせたよそいきヘア 続いて、ロングヘアの40代女性に似合う留袖の髪型を具体的にみていきましょう。 50代女性は気品と風格が感じられる髪型が似合います。 それではレングスごとに髪型をご紹介します。 ショート・ボブ• ミディアム• ロング 続いて、50代女性に似合う留袖の髪型を、レングスごとにみていきましょう。 ショート・ボブ ショート・ボブの50代女性に似合う留袖の髪型を5つご紹介します。 毛先をカールさせたアップスタイル• 髪の毛の流れが美しいまとめ髪• 毛先をセットしたショートヘア• 後頭部にボリュームのあるすっきりスタイル• 繊細なアップスタイル 続いて、ショート・ボブの50代女性に似合う留袖の髪型を具体的にみていきましょう。 ショートの方でもピンを使ってアップにすることができます。 このスタイルの時の注意点は、ほつれないようにすること。 髪の毛がパラパラと落ちてくると清潔感の無い印象になってしまいます。 スプレーなどでセットしておくと安心です。 そして髪飾りをつけて華やかにしてみてください。 ミディアム ミディアムヘアの50代女性に似合う留袖の髪型を5つご紹介します。 落ち着きのあるかんざしヘア• すっきりしたまとめ髪• トップにボリュームのあるシニヨン• 水引かんざしを使ったアップヘア• トップのボリュームを抑えたまとめ髪 続いて、ミディアムヘアの50代女性に似合う留袖の髪型を具体的にみていきましょう。 でも、自分でできたら手軽ですし便利ですよね。 そこで セルフで出来る留袖に似合う髪型をご紹介します。 ボブの人向けすっきりアップスタイル• 王道の夜会巻き• 艶っぽいまとめ髪 続いて、セルフで出来る留袖に似合う髪型を詳しくみていきます。 ボブの人のアップスタイルは難しいと思われがちですが、実は自分で簡単に作ることができます。 全体をホットカーラーで巻き、前髪とトップの髪をブロッキングします。 両サイドの髪をブラシを使って後ろでまとめ、襟足の位置でまとめます。 前髪部分のブロッキングを外してサイドに流し、耳の後ろあたりの位置でピンを使って固定します。 後ろで結んだ髪を上にあげ、ピンかバレッタで固定します。 トップの髪のブロッキングを外して上にあげ、ブラシを使い逆毛を立てます。 この時、髪を上に強めに引っ張り、ブラシを円を描くように動かしてください。 逆毛のボリュームを崩さないように髪を下ろします。 ブラシで髪の毛を整えながら、後頭部を覆うように後ろでまとめてください。 後頭部はふんわりとさせ、毛先はえりあしに向かうように髪を整えます。 最後にスプレーをかけて固めたら完成です。 夜会巻きは和装にも洋装にも似合い、フォーマルな場にふさわしい髪型です。 サッと出来るのに上品に仕上がるので、夜会巻きの作り方を知っておくと役に立ちます。 髪型に迷ったときは夜会巻きをおすすめします。 ブラシを使ってなでつけるように髪をまとめ、ヘアゴムを使って一つに結びます。 この時、最も低い位置で結ぶようにしてください。 ポニーテールを握り、内側に向けてねじり上げます。 両手を使い、髪を上に向かって引っ張りながらねじってください。 髪を結んだ根元の部分に毛先を入れていきます。 少しずつ毛をずらしてかぶせるようにしてください。 U字ピンを髪の結び目から頭に向かって挿し、頭皮まで達したら寝かせ、そのまま挿しこみます。 続いて、 留袖に似合う艶っぽいまとめ髪の作り方をご紹介します。 髪全体をホットカーラーで巻き、ワックスをもみ込んだら耳より上の髪をブロッキングしておきます。 残った髪を左右に分け、それぞれ結びます。 なるべく細いヘアゴムを使うようにしてください。 留めておいたブロッキングを外して上にあげ、ブラシを使って逆毛を立てます。 逆毛が崩れないように髪を下におろし、ブラシで形を整えながらまとめます。 まとめた髪の毛先を結んだ左側のゴムの根元に巻き付けて、アメピンで固定します。 後頭部にスプレーをかけて、髪の表面をつまむようにして、少しだけ引き出します。 結んだ右側の髪の毛先を左側の毛束のゴムの根元部分に巻き付けて、アメピンで固定します。 左側の毛先も同様に、右側の根元に巻き付けてアメピンで固定します。 右側のゴムの根元部分に、かんざしをぐっと挿しこんで完成です。

次の

ヘアカタログ ミセス 留袖 髪型 ボブ 50 代

留袖 髪型 ボブ

黒留袖を目にする機会として一番に挙げられるのは、結婚式や披露宴、そして結納式でしょう。 新郎新婦の親族の既婚女性や仲人さんが着用し、いわば既婚者としての証ともいえます。 既婚者らしい落ち着いた佇まいが似合う装いですね。 また、お宮参りには父方の祖母である立場のかたが黒留袖を着用する場合が多いです。 しかし、最近では簡易なスタイルが好まれる傾向もあり、黒留袖を着る機会そのものが減ってきています。 もし、着用する機会に恵まれたら良い思い出づくりができそうですね。 黒留袖にはどんな髪型を合わせるべきなの? 黒留袖に合わせる髪型に、明確なルールはありません。 それでも、推奨されるマナーがありますので、ぜひふまえておきましょう。 ヘアアレンジ編 目立ちすぎないように注意 黒留袖は大人らしい雰囲気で着こなしてこそ、その魅力を印象づけることができます。 あまり、目立ちすぎるボリューミーな髪型や、個性的なスタイルは避けるようにしましょう。 ほつれに注意 晴れの日は、意外とやることも多く慌ただしいもの。 ちょっとした仕草で髪型が型崩れしてこないように注意しましょう。 きちんとハードスプレーで固めておいたり、簡単に外れてしまいそうな髪飾りは避けたりして、安心して1日過ごせるように気配りを。 サイドや後ろ姿の美しさをアピール 黒留袖の着用シーンで人目につくのは、正面ばかりではありません。 少しうつむき加減のところや、サイド、そして後ろ姿も目立つものです。 そこで、360度全方向からみてキレイなフォルムに仕上がるように意識すると良いでしょう。 黒留袖にしっくりなじむ、おすすめヘアスタイル それでは、黒留袖の上品さを引き立てる、おしゃれなスタイルをご紹介します。

次の

結婚式*新郎・新婦のお母さまの為の髪型カタログ

留袖 髪型 ボブ

【1】普段着ならダウンスタイルでもオッケー 浴衣や普段着として着る着物の場合ですが、 簡単にいうと、「どんな髪型でも自由」です。 ダウンスタイルでも大丈夫です。 ですが、一つだけ注意点として着物に詳しい「年長者の目」です。 昔からの考えで、着物はすっきりとまとめあげて着こなすという考えを持っている方が多いのが現状です。 友人たちと縁日に出かける時などの場合は気にする必要がありませんが、 着物に詳しい年長者の方に和装で会う場合は、まとめ髪にすると良いでしょう。 礼装でない場合は、洋服の時にするまとめ髪でも大丈夫です。 すっきりとした髪型にしたいなら、洋服の時に使うヘアアクセも良いでしょう! 関連記事: 【3】アンティーク着物ならヘッドドレスもアリ 続いて、和装の中で賛否両論なのがアンティーク着物です。 派手な色・柄が多く、着物を好む方の中であまり好まない人が多いのですが、愛好者の方も一定数います。 アンティーク着物に似合う髪型は難しいですが、やはりまとめ髪が一番オススメです。 派手な着物に似合うヘアアクセなどもあります。 ロリータファッションで使われるヘッドドレスやミニハットなどを合わせるともしかするといいかもしれません。 例えば、ダウンスタイルにミニハットをちょこんとのせて見てはいかがでしょうか? かなりハットが目立ちますが、着物はもともと目立つので、思いっきり遊んでみるのもいいかもしれません。 引用: ロングヘアと比べてしまうとアレンジが難しいショートヘアですが、 髪飾りで着物とのバランスを取るのもいいですし、 アップ風や編み込み、カールアップ風のアレンジに和モダンなど意外とたくさんアレンジできるものですので、 ぜひ、やってみてください。

次の